目指せほめ上手!長所を引き出し、育てられる人間になろう!>具体的にほめるのが基本

効果的に相手をほめるコツは、「具体的にほめる」ことです。
「君はすばらしい」というような抽象的なほめ方でなく、
「君の○○がすばらしいよ」というように、
具体的にほめてください。
いわれた本人が、「自分のよい所」を理解できなくては、
単なるおだてになってしまいます。本人が、その良い点
を行動や仕事に生かせるような言葉を選ぶべきです。

また、相手が気づかないところをほめるのも、効果的です。
たとえば、本人が「話し下手」だと思っていても、
他人から見れば「言葉が多少たどたどしくても、誠実で
好感がもてる話し方である」というような場合があります。
ですから、本人が話し下手だと悩んでいても、
実際はそうでないこともあるわけです。
このような場合、上司が本人の気付いてない良い点を
ほめて新しい自分を発見させることが、
とても大切になります。新しい可能性を発見できるというのは、
部下にとって今後の大きな自信と力になります。

そして、大切なことは、「仕事はやって当たり前」
とは思わないことです。
些細なことでもほめてもらったり、ねぎらいの言葉を
かけてもらえると、部下は本当にうれしいものです。
「助かるよ」「気がきくね」「ありがとう」。
たくさん声をかけてあげてください。
こうしたちょっつぃた声かけだけで、部下は意気に感じて
動いてくれるようになります。
どんどん栄養たっぷりのほめ言葉をかけてあげてくださいね。
会話術については、
http://sanjukaiwa.web.fc2.com/
のホームページも参考にしてみてください。

目指せほめ上手!長所を引き出し、育てられる人間になろう!

トップページ
ほめ上手は育て上手
ほめるとなぜ人が育つのか!?
ほめ上手度をはかろう
ほめあうことで成功した例
ほめて期待をかけると実現する
失敗しても成功してもほめよう
部下に関心を寄せよう
ほめる順とは!?
ほめるときは一対一で
ほめると叱るを効果的に組み合わせる
地味な努力をほめる
主役にしてほめる
長所をみつけてほめよう
ほめることに伴うリスクとは!?
おだてると失敗するということ
ほめて良い人とダメな人
ほめるタイミング・場所・内容
逆効果になるほめ方とは
具体的にほめるのが基本
見たままを口にするテクニック
心をこめて「ありがとう」と
メモ・メール・電話でほめるときの注意点
新入社員をほめるこつとは!?
ダメ社員をほめるコツ
上司をほめるコツとは!?
落ち込んでいる人をほめて励ます技
お客様をほめるコツとは!?
自分自身もほめてあげよう!
ほめてくれた人はほめ返すこと
タイプ別にほめ方を変えよう(楽天家)
タイプ別にほめ方を変えよう(研究者)
タイプ別にほめ方を変えよう(統率者)
タイプ別にほめ方を変えよう(堅実家)
タイプ別にほめ方を変えよう(完ぺき主義者)

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system